車で仕事をしている夢の事あれこれ

解決するためのキャッシング > 車買取 > 車で仕事をしている夢の事あれこれ

車で仕事をしている夢の事あれこれ

2017年7月28日(金曜日) テーマ:車買取

仕事がタクシーなので、車で仕事をしている時の夢を良く見ます。夜専門で働いてるから昼間寝ていて眠りが浅いせいで、見た夢の事を良く覚えています。

 

 色々な夢を見ますが、不思議なのは自分の乗っている営業車が行方不明になる夢を結構しょっちゅう見る事です。例えば仕事途中に何かで車から離れた後、車に戻ると車が見当たりません。

 

あれ?確かここに置いたはずなのにと、見渡してみてもありません。

 

やられた!盗難だと気が付きます。

 

「どうしよう、会社で怒られる」と困り果てます。なんて言い訳しようと思い悩み、へたり込みたくなる程に落ち込んだところで目が覚めます。夢か、良かった!と心の底からホッとして涙が出そうな程嬉しくなります。

 


また、車から離れた直後に、誰かが乗り込んで走り去る夢の時もあります。一生懸命に走って追いかけますが、当然追いつかず見失ってしまいます。嘘だろ!という思いで、その場にしゃがみ込んでしまいます。目が覚めて同じくです。

その他に、会社の駐車場に止めた自分の営業車を探すのですが、どういう訳かいつもの場所に有りません。

http://blog.livedoor.jp/jdexzpek/archives/2711809.html

 

あれ?と考え、「そうだ今日はあっちに置いてあるんだ」と思い出し、そこに行ってみるけれどやはり無いのです。あちらこちら、思いつくままに探し回るのですが無くて途方に暮暮れます。


これはどういう意味のある夢なのでしょうか。

 

きっと何かの不安の表れなのだとおもいますが、心理学の夢分析的にはどう言う事なのか、機会が有れば知りたいものです。

 

それからもう一つ、最近気が付いた不思議な事があります。やはり、車での仕事中です。何処かある所へ行こうと車を走らせています。

 

今ここだから次の角を右折して、しばらく行くと大きな橋を渡ってから次の柳の街路樹のある交差点をまた右折、と言う具合に走っています。だから当然、回りの風景や町の様子を見知って運転しています。ところが目が覚めてから思い出すと、夢で見た風景に現実には全く覚えが無いのです。実際には見た記憶が全然ない景色なのです。何処かで見た事があるのを忘れているだけなのでしょうか。その割には、完全に現実に見た事のない風景ばかりです。部分的にさえ現実の風景とは一致しません。100パーセント実際には見た事が無いと言い切れます。


そのくせ、やけにはっきりと詳細に夢の景色を記憶しています、たとえば、綺麗に区画整理された水田地帯。

 

広々を見渡す限り続く四角く区分された田圃が続きます。

 

灌漑用水路の横を、やっと車がすれ違える程度の幅の舗装道路を走っています。

 

路幅は道路と同じ位で、等間隔に何か背の高い街路樹が並んで道路と平行に真っすぐ伸びています。時折、田圃のあぜ道と道路の交わる角に作業小屋があります。

 

農機具でも収納する為の小屋なのでしょうか。

 

トタン屋根に、黒っぽい横板が波型に貼ってある壁。入口だけがやけに新しい灰色の鉄製のシャッターで、その前の車2台分位の、土のままの空き地の周りに雑草が茂っている事まで記憶しているのです。確かに何処ででも見る事の出来る田園風景ではあります。がしかし、これはあそこだと思い浮かべられる現実の場所はやはり全く無いのです。

 

これは一体全体どういう事なのでしょう。

 

もしかすると、現実の世界とは別のもう一つの異次元の現実世界が夢なのでしょうか。なんだか、面白い様な、怖い様な不可思議な発見をしてしまったと様に思うのですが、妻や子供達にその事を話しても、ふ~んと生返事の後に、「あっ、これさ」と彼らの話はすぐにテレビの方に移ってしまいます。